スポーツ外傷

堀田整骨院では、スポーツなどで負傷したケガについても専門的に治療を行っております。


ケガをした部分に的確に治療をすることで、通常の治癒スピードより回復力を上げ、早期治癒を目的にしています。

スポーツ外傷と
スポーツ障害の違い

スポーツ外傷とは
スポーツでの転倒のような、
1回の大きな力が加わり急に負傷したケガのことです。


日常生活で起こる外傷(怪我)と同じようなものが多いのも特徴です。

スポーツ障害とは
スポーツによって繰り返しの負担が積み重なって、痛みなどの症状が生じた状態です。

スポーツでの使い過ぎが原因です。
成長期の子どもにもよく起こる障害です。
痛みの程度は、運動時だけ痛む軽軽症から日常生活に困難を伴うような重度なものもあります。

適応外傷


・骨折
・脱臼
・捻挫
・打撲
・腱鞘炎
・挫傷
・肉離れ

治療内容

超音波治療機器
負傷した筋肉へ超音波機器を当てることにより、筋肉の中で振動を起こします。

この振動が細胞を活性化させ、細胞のターンオーバーを促進し早期治癒へ導きます。

ハイボルテージ治療機器
高電圧の電気を負傷した筋肉へ当てることにより、鎮痛作用が高まります。

痛みを和らげながら、早期治癒することに役立ちます。

テーピング療法
負傷した筋肉や靱帯の補強、補助が目的です。

日本製の最高級テーピングを使用し、肌が弱い方でも負けにくいようにしております。